海外の心療内科の看護師求人情報を探す!

心療内科の看護師として長年日本で仕事を続けてきた人の中で、日本を飛び出して海外で看護師活動をして見聞を広めたいと考えている人はいませんか?看護師免許を取得していても、原則としてその免許が有効なのは日本国内だけです。そこで海外で看護師活動をするためには、まずはその活動する国の看護師免許を取得しないといけません。しかし一部外国の看護師免許を取得しているのであれば、優遇措置に対応している所もあります。主要な国では、イギリスやニュージーランド、オーストラリアなどが該当します。さらにイギリスの看護師の免許を取得できれば、一部のEU諸国でも看護活動ができるようになります。

看護師資格はこのように試験を受けなくても取得できる地域はあります。しかし診療をする時には、患者と会話をする必要がありますので英会話のスキルは高く要求されます。特に心療内科のような患者とのコミュニケーションの中で病気の原因を特定する必要のある診療科目は、かなり高い言語スキルが必要です。いきなり看護師の仕事に飛び込むのではなく、語学留学をして十分に英語を使ったコミュニケーションがとれるようになってからでも遅くありません。また医療の世界には、あまり日常会話の中で使用する頻度の少ない英単語を用いるケースもあります。このような専門用語の類も、きちんと覚えておかないと業務をするにあたって、支障の生じる恐れがあります。

仕事ではなくボランティアでもいいので、海外で心療内科の看護経験を積みたいと思っているのであれば、JICAのボランティアに活動する方法もあります。国際協力機構のことで、発展途上国に主に派遣されて、そこで医療活動を行います。原則として派遣期間は2年間です。JICAのボランティアのいい所は、派遣前に訓練を行ってくれる点です。このため、現地で仕事するにあたってどのような感じで業務することになるのか事前にシミュレーションができます。業務内容は、現地の看護師に対して看護のやり方などを指導や教育するものが中心です。現地の病院に入って、実際に患者のケアを行うケースもあります。ボランティアには、希望する人誰もが参加できるわけではありません。書類選考のうえで、選考試験に合格する必要があります。年齢制限などは特に設けられていないので、若い世代からいわゆるシニア世代も参加は可能です。中高年の看護師で、経験をさらに積みたいと考えているのであればボランティアに参加してみる方法もあるわけです。

海外の心療内科の看護師求人を探すならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社