心療内科で働いている看護師の悩み

心療内科で取り扱っている疾患は、精神的な要因を起因とした病気です。このため、なぜその病気にかかってしまったのか、その原因を探らないと抜本的な病気の治療はできません。そこでほかの診療科目のように手術や投薬のような治療ではなく、カウンセリングを重視して、その人の心の闇の部分に迫っていくというアプローチをします。しかし病気の原因は、突き詰めていくとその人の個人的なプライバシーの問題につながっていきかねません。このため、患者の中にはなかなか心を開いてくれない人も多いです。自分の恥部をそう簡単に医者や看護師のようなプロの医療スタッフとはいえ、赤の他人に見せるわけにはいかないという警戒心が働くからです。

このため、心療内科に通っている患者の中にはなかなか治療の進まない患者もいます。コミュニケーションも警戒心が強いあまり、うまく治療が機能しない患者も出てきます。しかしこのような患者であっても、根気強くコミュニケーションをとる努力をしないといけません。なかなか心を開いてくれない患者に毎回話しかけるのは、壁などに言葉をかけているのと同じような感じがして、無力感にとらわれるケースも少なくありません。そのような一見すると無駄な努力を繰り返していく中で、看護師の中で「このようなことをして意味があるのか?」というジレンマに陥り、悩みになってしまうこともままあります。

その他には、患者が心を開いたとしていろいろと悩みの相談を看護師や医者に行うようになったとします。えてして病気の原因となっている要因は、パーソナルな事情が多いのでその人のプライベートの中に深入りするケースも珍しくありません。そのような話を聞いていくうちに、その患者に対して多分に感情移入してしまう医療スタッフもいます。そうすると、必要以上に患者の悩みに多感になってしまって精神のバランスが崩れやすくなることもありえます。患者のメンタルケアをしていく中で、自分のメンタルが崩れる可能性があるので注意してください。

心療内科の看護師にこれから本格的になろうと思っているのであれば、ある程度の患者との距離を保つように心がけることです。あまり突き放したような態度を取れば、患者は看護師に心を開いてくれなくなります。だからといって近づきすぎてしまうと、自分の精神バランスが崩れる恐れがあります。患者と看護師という関係性は崩さず、うまく信頼関係を構築しないといけないので心療内科の看護師は看護の難しい所もあるわけです。

転職することで悩みが解消する事もあります!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社