心療内科で働く看護師が活かせる資格

心療内科は、心に問題を抱えて肉体的な症状に悩まされている患者の治療を行うのが目的の診療科目です。心療内科の看護師になるためには、メンタルヘルスに関係する資格を取得しておけば採用される可能性は高まります。メンタルヘルスの専門家と評価されれば、即戦力として活用できると判断されるからです。また就職した後も、クリニックや病院によっては資格手当がついて、給料の上積みが期待できるところもあります。もしこれから長く心療内科の看護師として活躍していきたいと思うのであれば、関連する資格の取得もしておくべきです。ではどのような資格を持っていると、心療内科の看護師として採用されやすくなるでしょうか?

まずは臨床心理士の資格を取得していると、就職に有利に働く可能性は高いです。日本臨床心理士資格認定協会という公益財団が資格認定を行っています。心療内科の看護師の他にも、学校のスクールカウンセラーとして派遣も可能になるなど、仕事をしていくうえで様々な分野で活躍できる資格です。臨床心理学プログラムを修了して、1年以上の心理臨床の実務経験を得ると資格審査の受験資格が得られます。年に1度2段階考査で試験が実施されます。1次試験では筆記試験が実施され、1次試験で合格した人だけが2次試験に進出できるシステムです。2次試験は口述面接試験となります。臨床心理査定や臨床心理的地域援助、臨床心理面接や研究調査に関する基本的な知識とスキルを持っているかどうかの審査が行われます。

産業カウンセラーの資格を持っていても、心療内科の就職に有利に働く可能性があります。産業カウンセラーとは、企業で働く従業員やその家族を対象にしてより快適な環境で仕事ができるようにサポートをする人をさします。いろいろな悩み事を抱えている人の話を聞いていって、どのようにその悩みを解決できるかを模索します。産業カウンセラーの場合、すぐに解決策を提示するのではなく、相手の話をまずは徹底的に聞くことを推奨しています。話を聞いてもらえるだけでも、心の澱が晴れるケースもあります。また話をしていく中で、自分自身で解決策を見いだせるケースも出てきます。このように途中で遮って解決策を提示するのではなく、辛抱強く相手の話を聞く姿勢が産業カウンセラーの資格取得によってマスターできます。このような資格を取得していれば、履歴書の資格欄の中にも記載可能です。採用担当者もこのような資格が書かれていれば、その履歴書には目を止めやすくなります。

資格が活かせる心療内科の求人を探すならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社