心療内科志望の看護師の自己PR

心療内科では様々な病気を取り扱っていますが、その中の一つに過敏性腸症候群という病気があります。過敏性腸症候群とは、下痢や腹痛を引き起こすのですが胃腸に炎症などの明らかにわかる病変が発生していない病気をさします。過敏性腸症候群は、精神的なものが関係した症状といわれています。仕事が忙しいことなどによる慢性的な肉体の疲れ、過度にたまったストレスなどが原因となって、体の調子を崩すケースも現代社会ではしばしばみられます。このような精神的な要因による肉体的な疾患の治療を行うのが、心療内科です。そこで心療内科の看護師になりたいのであれば、患者の話をよく聞くことが大事です。心療内科の採用試験に応募して面接を受けた際には、人の話を聞くことが好き、いくらでも話を聞けるという点を自己PRの材料に使えば有効です。

心療内科と混同されがちな診療科目として、精神科があります。心療内科の場合には、ストレスなどの心の問題をベースにして発症する肉体的な症状の治療をします。精神科とは、心の病にスポットを当てて精神疾患そのものの治療をする診療科目です。このように取り扱っている病気も、アプローチの仕方も若干異なります。ただし両者とも共通しているのは、患者のメンタルな部分に向き合って治療をする部分です。もし過去に精神科で仕事をした経験を持っている看護師がいれば、心療内科の採用試験の時にその部分を自己PRで有効活用してみることです。心療内科と密接な関係のある精神科で患者の看護をしてきたのであれば、即戦力として活用できる可能性は高まります。中途採用の募集を出している医療機関では、できることなら教育の手間暇がかからずすぐに現場で対応できる看護師を求めています。精神科で実務経験を持っている看護師は、心療内科でも即戦力として重宝します。

面接などで自己PRをする時には、自己満足になってはいけません。まず相手がどのような人材を求めて採用試験を実施しているのか、この部分をしっかりと理解することです。その上で、いかに自分にはその医療機関の求める人材にマッチしているかをアピールしていきます。自分がアピールしたい点が採用担当者の興味から外れていれば、いくら気持ちを込めてアピールをしてもほとんど効果はありません。もし自己PRの仕方がわからない、どこにウエイトを置いて行えばいいのかピンとこないというのであれば、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談することです。そうすれば、アピールポイントなどを皆さんのケースに当てはめてアドバイスしてくれます。

自己PRにお困りなら看護師転職サイトを使おう!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社