心療内科の看護師を辞めたい時

心療内科の看護師は楽だと他の診療科目で仕事をしている看護師から見られがちです。確かに心療内科の患者の場合、急性期で一歩処置の仕方を間違えれば重篤な症状に至って命を落とすということは少ないです。しかし心療内科には心療内科の看護師なりの辛い事情があります。その中でも大変といわれるのが、コミュニケーションの取り方です。ほかの診療科目とは違って心療内科の場合、肉体面だけでなく精神面の不調を訴えている患者が多いです。このため、十分に配慮をして患者とコンタクトを取らないと治療の妨げになってしまうケースも出てきます。

たとえば、看護師が何気なく言った一言が患者の心を傷つける可能性があります。普通の人間以上に心療内科に通っている人は、ナイーブな人が多いです。このため普通の人と話をする以上に、言動に関しては十分な配慮が求められます。このため、常に勤務中は気を使って仕事をしないといけないので精神的な負担は、ほかの診療科目以上です。このような精神的な緊張状態に常に置かれて仕事をしていく中で、ストレスが過剰に溜まってしまって、やめたいと感じる看護師も出てきます。また実際に何気なく言った一言で、患者の症状が悪化した、心を開きかけていたのにまた心を閉ざしてしまったということになれば、医者や同僚の看護師のその人を見つめる目も厳しくなります。このため、職場での居場所がなくなって、肩身が狭くなって離職してしまうケースもあります。

また看護師も生活をしていれば、嫌なことを経験するケースもたくさん出てきます。仕事の中で腹立たしいことや悲しいこともありますし、日常生活の中でもストレスのかかることがいろいろと出てきます。しかし自分のメンタルのバランスが多少崩れていたとしても、それをおくびにも出さずにいつも通りに常に看護活動を行わないといけません。これはほかの診療科の看護師にも言えることではあります。しかし心療内科の場合、ナイーブな患者が多いです。このため、ちょっとした言動の変化にも敏感に感じ取ってしまう人も結構多いです。ですから、いかに辛いことがあったとしても気丈にふるまえるような精神的な強さの求められる診療科目と思ってください。このような状況が続くと、仕事をやめてしまって楽になりたいと考える看護師も出てきます。しかしそのような辛い部分を克服して仕事を続ければ、メリットもあります。特にコミュニケーションスキルは、心療内科の看護師をしていくうえでスキルアップする可能性は高いので嫌なことがあってもできるだけ我慢してみることです。

次の転職先を探すのに便利!人気の転職サイト!

対応エリア 料金 会社名
関東・関西・東海・九州 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社