心療内科の看護師の仕事内容

心療内科とは、ストレスをはじめとしたメンタルが問題となって、体にいろいろな症状が起きた場合にその治療に当たる診療科目です。具体的に心療内科が取り扱う病気としては、心身症やパニック障害、過敏性腸症候群、摂食障害、うつ病など広範囲にわたります。心療内科というので内科の一種ではありますが、投薬などの具体的な治療よりもカウンセリングなどを通じて、その人の異変の原因として何があるのかを探っていくアプローチが使われます。その意味では心療内科における医者の果たす役割は非常に大きなものがあります。かつ医者の医療活動をサポートする看護師も、重要な存在であるとも言えます。

心療内科における看護師の主な業務内容は、医者の診療の介助が中心です。医者の指示に応じて検査業務や医療行為を行います。医者に代わって問診をするとか、注射や点滴を行うケースも見られます。また患者に対して今後どのようなことに気を付けるべきかの指導も任されます。また患者に家族がいる場合には、患者のケアをするにあたって日常生活の中でどのようなことに気を付けるべきかも指導します。相手は医療に関して素人であることが多いので、平易な言葉でわかりやすい説明を心がけます。投薬治療も実施されますが、心療内科ならではの薬を使用するケースも見られます。そこで薬に関する知識はしっかりと勉強して、取り扱いに細心の注意を払う必要があります。

心療内科を訪れる患者のほとんどが、メンタルの部分で何らかの問題を抱えています。ストレスを過剰に溜めこんでしまっている、精神面を大きく傷つける何かがあった人が多いです。そこで壊れやすいものを扱うような感じで、ていねいに慎重に取り扱う必要があると思ってください。患者の様子をしっかりと観察して、どのような声をかけてあげるべきなのかを考えて行動する必要があります。精神的な部分の問題を解決するためには、患者が医療スタッフに対して心を開かないといけません。しかし警戒心の強い患者も多いので、最初の内はなかなか心を開いていろいろな話をしてくれない患者も少なくありません。そのような場合でも、決してめげずに話しかけていくことが求められます。

このようにコンタクトを続けることで、患者も医療スタッフに対して信頼感を持ってくれるようになります。そして徐々に自分の話をしてくれるようになり、治療が進みます。このため、心療内科の看護師になるためにはコミュニケーションスキルがほかの診療科目以上に要求されると思っておいてください。

心療内科への転職をお考えの看護師はコチラ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社