心療内科で働く看護師の適性(向き・不向き)

看護師というのは、医者と比較するとより長い時間患者と接する傾向があります。そこで、医者がつい見落としてしまった症状に看護師であれば頻繁に接している分、気づけることもままあります。些細な動作の変化、言動などを見て医者に報告し、正しい治療ができるようにサポートをしていくのが看護師のもともとの役割です。この看護師の本分を果たしやすい診療科目が、心療内科といえます。心療内科は肉体的な症状を抱えているものの、その原因は精神的なものから来ている患者が多いです。そこで原因を特定して、病気の抜本的な治療をするためには精神的な部分を覗かないといけません。そのためには、患者としっかりとした信頼関係を結ぶ必要があります。

患者と普段から頻繁に接している看護師で、患者からの信頼の厚い人であれば、医者には打ち明けられなかったことを打ち明けてくれる可能性もあります。医者とは違った角度から患者を見られるので、医者では気付けなかった部分に気づけます。このため、心療内科の看護師として必要なのは、患者の心の支えであろうとする気持ちです。この人を支えるというのは、ただ勉強をすればいい、知識が身についていればいいというものではありません。ある意味センスのあるなしが関係してきます。いままでの看護活動を思い出してみて、患者が心を開いて自分にだけ悩みなどを打ち明けてくれた経験のある人であれば、心療内科でも活躍できる可能性は高いです。なかなか患者と突っ込んだ話ができない、どこかビジネスの看護活動に終始している看護師は、心療内科の看護師は不向きといえます。

心療内科の看護師として活動していこうと思っているのであれば、まず上で紹介したように人とかかわるのがもともと好きなのは重要な素養です。そして我慢強いかどうか、時間がかかってもこつこつ着実に課題をクリアできる忍耐強さがあるかも重要なポイントです。心療内科は精神的なものが病気の裏には隠れています。しかしこの病気の原因となっている精神的な要因を目に見える所に出すまでには、かなりの時間がかかるケースも珍しくありません。たとえ自分の病気を治療してくれる医者や看護師といっても、心の奥深くに隠されたものを赤の他人にそうやすやすと見せてくれないからです。このため、何度患者が通院しても、症状の進展が見られないケースも出てきます。そのような時にさじを投げてしまうのではなく、根気強く患者とコミュニケーションを取れる努力家が心療内科には向いています。

心療内科への転職をお考えの方はコチラ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社