心療内科の看護師の採用について

心療内科に通院をしている患者は、精神的な症状を原因として肉体的な不調や異変に見舞われている人が多いです。つまりこのような患者をケアしていくためには、体だけでなく、メンタル面にもしっかりと働きかけを行っていく必要があります。この体とメンタルの両方の働きかけというのは、看護学校などの授業や教科書、テキストを通じてなかなか学べない領域といえます。看護師として病院で勤務し、臨床経験を積んでいくという実践的な中で、獲得していく要素といえます。このため、心療内科の看護師として採用されるためには、ある程度の臨床経験が要求されます。

心療内科クリニックの中には、心療内科における看護経験のない人でも積極的に採用している所もあります。しかしこのようなクリニックでも、どの診療科目であれ、それなりの臨床経験を持っている看護師を求める傾向が見られます。数多くの患者のケアを行っている看護師であれば、このようなメンタル面への働きかけの仕方もある程度マスターしていると考えられるからです。できれば5年以上の臨床経験を持っている看護師であった方が、採用される可能性は高いでしょう。臨床経験3年未満のような、まだ看護師として一人前とは言えない看護師だと、採用は少し厳しくなります。

心療内科の患者は、根本的な原因は心の中にある問題であるケースが多いです。このため、レントゲンやCTスキャンなどを使って発見できるものではありません。患者から話を聞かないことには、抜本的な治療のできない診療科目です。患者にはいろいろなタイプがあって、比較的早い段階で心に抱えている闇を話してくれる人もいます。しかし一方で、なかなか警戒して話してくれない、話はしてくれるけれどもなかなか核心の所は触れないといった患者も多いです。このような患者を相手にするわけですから、根気強く患者が話してくれるのを待てるような辛抱強い看護師かどうかも採用基準として重視されます。

このように相手の心療内科のクリニックではどのような人材を求めているのかを的確に把握しておくことです。そうすれば、面接の戦略もえがきやすくなります。簡単に言ってしまえば、自分はいかにそのクリニックの求めている人材であるかを面接の中でアピールすれば採用の可能性も高まるわけです。このように採用試験を受けるときには、まず相手をよく知り戦略を練ることが大事です。転職エージェントでキャリアコンサルタントのようなプロのアドバイスを受けながら作戦を練るのも有効です。

心療内科の看護師の採用情報がいっぱい!

対応エリア 料金 会社名
関東・関西・東海・九州 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 ディップ株式会社